original

こんにちわ~!

アラジンです。


サッカーの新潟アルビレックスの次期監督に、

三浦文丈監督が就任することが決まりました!



ネット上では

「新潟本気だな!」

「頼むぞ三浦!」


など、三浦文丈監督に対する期待の声が多く上がっています。


そこで今回、三浦文丈監督のこれまでの経歴や実績をおさらいし、

新潟アルビレックスのJ1優勝の可能性を考察してみたいと思います。


それではどうぞ~!

Sponsored Links


三浦文丈監督の経歴と実績


d38ccd47

まずは、三浦文丈監督のプロフィールを

簡単に記載したいと思います。

選手時代

〇1970年生まれ(現在46歳)

〇静岡県出身

〇1989年にバルセロナオリンピックに出場

〇1993年にJリーグの横浜マリノスに入団

〇1996年、1997年にはJリーグ選手協会の監事を務める

〇1999年に京都パープルサンガへ移籍

〇1999年のシーズン途中でジュビロ磐田へと移籍

〇2001年にFC東京へと移籍

〇2002年 試合中に左膝前十字靭帯断裂及び内側側副靱帯を損傷する重傷を負う

〇2004年 中心選手としてナビスコカップで優勝を果たす

〇2006年11月24日に現役引退を表明


引退後

〇2007年 FC東京のトップチームのコーチに就任

〇2008年 FC東京U-15むさしコーチとしてユース世代の指導を経験

〇2009年 横浜FMトップチームコーチに就任

〇2010年 ジュニアユースのコーチを務め、
 この間にA級コーチジェネラルライセンス及びS級ライセンスを取得

〇2013年よりアルビレックス新潟のコーチに就任。2014年限りで退任

〇2016年 AC長野パルセイロの監督に就任

引用元




以上が簡単ですが、三浦文丈監督の経歴になります。


2013年に一度アルビレックス新潟の

コーチを経験していることから、

今回比較的に早く選手たちとなじめるのでは

ないかと思います。



そして、ユースの監督を務めた経験が多く、

若手の育成に関してかなりの高評価。



選手時代、監督の現在も

輝かしい実績を持っている三浦文丈監督。


新潟アルビレックスが来期から

どれだけ成長するか今から楽しみですね!

Sponsored Links


アルビレックス新潟はJ1優勝に期待!


original-1

さあ、素晴らしい監督を迎える新潟アルビレックス!

来期優勝に期待がかかりますね!


三浦文丈監督の手腕は非常に高評価ということもあり、

J1優勝も夢ではないと思います。



未だ優勝経験のない新潟ですが、

来期はいけるような気がしてなりません。


これまでのJ1における最高成績は6位ですからね。

ぜんぜん狙えます。


三浦文丈監督がJ3長野を率いた今季は、

15勝7分け8敗で3位でした。


J2昇格には至らなかったものの、

前期のJ3長野の成績を越してますし、

今期は余裕の勝ち越しでした。



そして、三浦監督はJ1でこそ実力が発揮される(?)

との見方もありますし、

非常に新潟での指導に期待がかかっています。


来年、新潟アルビレックスを優勝に導いて、

新潟全体を明るくしてもらいたいですね!

まとめ



当初は三浦監督ではなく、

元J2岡山監督だった

影山雅永さんが新潟に就任する予定だったようです。



いやぁ、三浦監督でよかったです(笑)


影山さんも素晴らしい方ですが、

やはり現在監督から退いている方よりも、

現役の監督にやってもらいたいですからね。



しかも三浦監督のこれまでの実績から、

これ以上の監督は今いないのではないかと思います。


新潟アルビレックスが優勝できる可能性があるとしたら、

来期です!!!


三浦監督、ぜひともよろしくお願いします!


それでは!

Sponsored Links