yokota-san-246x300

こんばんわ~!

アラジンです。

ジャーナリストの横田増生さんが

ユニクロのブラック企業ぶりを暴く潜入取材のため、

実際にアルバイトとして勤めていることが話題になっていましたが、

なんと12月3日に解雇されていましたw


理由はユニクロ側からは回答がなかったようなので、

今回横田増生さんが解雇された理由や、

ユニクロ VS 横田増生

が今後どうなっていくのか について調査しました!


それではどうぞ!

Sponsored Links


横田増生が解雇された理由は?


unnamed

さて、横田増生さんが解雇されるという、

衝撃の結末となってしまったわけですが、

理由は何なのでしょうか。


横田増生さんは名前を変えてアルバイトに就業していました。

こちらについては法的に改名ということなので、

法律違反ではなかったんですね。


調べたところによると、

解雇理由は

ユニクロ就業既定の

「当社に甚大な損害を与えた場合、解雇とする」

に当てはまったようです。



そりゃあ・・・そうでしょうね(笑)


これまで横田増生さんは

ユニクロのブラック企業ぶりを

世間に発信していました。

大まかな流れは以下。

2011年03月:「ユニクロ帝国の光と影」発行。
2014年12月:ユニクロが提訴したが全て敗訴。
2014年03月:ユニクロ社長「悪口を言ってる人はユニクロでぜひ体験して欲しい」
2015年04月:横田増生が取材拒否される
2015年XX月:横田増生が法律に則って名字を変える。
横田増生というなまえはペンネームにする。
2015年10月:千葉市内の大型店でアルバイト開始

引用元




ユニクロとしては

横田増生さんを過去に提訴した経緯があり、

間違っても雇ってはいけなかった人です。



改名して別の名前だったため、

ユニクロ側が気づかずに採用してしまったんですね。


1年間の潜入取材ということで

アルバイトとして働いていたわけですが、

1年たたずに素性がばれてしまい、

今回の解雇となったようです。

Sponsored Links


横田増生さんは今後またユニクロに訴えられる?



では、解雇された横田増生さんは、

またユニクロに提訴されてしまうのか?

答えから言えば

提訴される可能性は極めて低い

と思われます。


2014年12月、ユニクロに提訴されたわけですが、

この時の裁判でユニクロ側は

全面敗訴 でした。


その経緯もあり、

今回の解雇通達時も、

懲戒解雇ではなく

論旨解雇という形になっています。



論旨解雇というのは、

退職金が支給される、

いわば「円満解雇」ととらえれば間違いないです。


ユニクロ側としても、

過去の敗訴の経験がありますので、

横田増生さんと争うのは

お金と時間の無駄です。


そして、この解雇劇も

すべて詳細が報道されてしまうわけですから、

適当な対応はできません。


ですから、「横田増生さんの機嫌をなるべく損ねないように」

という観点から、論旨解雇という決断をしたものと思われます。


完全に横田増生さんの方が立場が上ですね(笑)

どんなアルバイトなんでしょうかw


やはりジャーナリストは強いな、と思った次第です。

まとめ


横田増生さんの解雇劇の裏側について

ここまでお伝えしてきました。


ユニクロが横田増生さんを雇った時点で

既に悲劇が始まっていたように思います。


横田増生さんを横田さんと気づいたとき、

社内はどんな空気だったのか、

非常に興味がありますね。



とても緊迫した状況だったと思います。


それにしても、

横田増生さんは一体なぜ

ユニクロに対してそんなに

情熱を燃やしているのでしょうか。



ブラック企業というのは、

他にも日本中でいくらでもあります。


まぁ、国内を代表する

大手企業だから という理由もあるでしょうが、

何か個人的な理由がある気がしてなりませんね。


今後も横田増生さんの

ユニクロいじめ(笑) が続くと思いますので、

新たな動きがありましたら

当サイトでお伝えしたいと思います、


それでは!

Sponsored Links