%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

こんにちわ~!


アラジンです。


ビバリーヒルズでおなじみのシャナン・ドハーティーさん(45歳)が、

乳がんを患っているという悲しいニュースが入ってきました。



日本においても「フルハウス」と人気を2分していた「ビバリーヒルズ」だったので、

多くの方が覚えている女優さんではないでしょうか。


今回は、シャナン・ドハーティーさんの乳がんのステージや進行度合いなど、

シャナン・ドハーティーさんを心配している方に向けて調査結果をお届けします。


それではどうぞ!

Sponsored Links


シャナン・ドハーティー(ビバヒル)の乳ガンが転移


%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

おバカな日常と

子供たちの青春時代を描いた、

ドラマビバリーヒルズ。

本当に人気がありましたよね。



僕は正直フルハウス派だったのですが、

ビバリーヒルズも大好きでしたよ。



シャナン・ドハーティーさんは

2015年3月に乳がん宣告を受け、

すぐに片方の乳房を切除するという

大きな手術を行っていたということ。


そして2016年、がんが再発し、

リンパ節の転移が発覚。



そしてその後の検査では、

リンパ節の外にまで転移している

ということが分かりました。



状況としては厳しいと言わざるを得ず、

現在は仕事をすべてキャンセルし、

集中して治療に専念しているということです。


そして更なる調査で、

現在は「丸刈り」姿になっている

ことが分かりました。


写真も入手しましたが、

ご本人の名誉棄損に当たりますので、

当サイトでの公開は控えさせていただきます。



では次に、シャナン・ドハーティーさんの

ガンのステージや余命についてお知らせします。

Sponsored Links


シャナン・ドハーティー(ビバヒル)のステージと余命は?


f0df5741

まだ45歳と若く、

これからの更なる活躍を期待されていますので、

アメリカ国内では特に衝撃のニュースとなっています。


最近は20代の若年性乳ガンが増えてきていますが、

やはり40代の方が一番多いな という印象です。



さて、それではシャナン・ドハーティさんの

現在のガンステージはいくつなのでしょうか。


調査をしたのですが、がんステージについては

公表されておらず、わかりませんでしたが、

「2015年5月に昨年に乳房切除」

→「2016年1月乳がんのリンパ節転移発覚」

→「2016年5月リンパ節外転移発覚」

→現在抗ガン治療中



ということから、

おそらくステージは3であると予想できます。


3と言える一番の根拠は、

抗がん剤治療を受けることができている点と、

現在年齢が45歳という点です。


まず現在化学療法と放射線治療を行っていますから、

ステージ4はあり得ません。

こういった強い治療はできませんからね。



そして年齢については20代の若者なら進行が速いですが、

40代からは進行スピードが一気に緩やかになる

と言われています。


もちろん個人差はありますが、

45歳のシャナン・ドハーティさんは、

急激な進行は起こっていないと思われます。


そしてステージ3だった場合の余命ですが、

乳がんのステージ3の場合は

生存率が他のガンに比べて高く、


5年後の生存率は75%ほどになります。


ですので、余命を考えるよりも、

ガンの完治 の可能性の方が高いため、


現在はとりあえず一安心ということですね。


シャナン・ドハーティさんなら、

間違いなく完治するでしょう!

まとめ


今年は「不倫」に続き、

この「ガン」という報道が非常に多いです。


これまでも数名、当サイトにて、

ガンの報道があった有名人をお知らせしました。


〇危口統之(悪魔のしるし)の余命や生存率は?経歴や劇団の今後を予想!


〇遠藤賢司のがんのステージや転移は?太った理由と余命や手術について



特に、好感度の高い魅力的な

タレントのガン報道が目立ち、

「なんであの人が・・・」


と、何度思ったことでしょうか。


女性の方は、

必ず乳がん検診に行ってくださいね。



乳がんは現在治りやすい病気とは言え、

若い方は進行が非常に速いですから、

最低半年に1回はいくようにしてください。


「検診恥ずかしい」とか言ってる場合じゃないですよ。


本当にだれがなってもおかしくない、

女性の一番身近なガンです。


自分のためではなく、

大事な人や家族のために、

必ず検診を受けましょう!

Sponsored Links