489241_pcl

こんにちわ、アラジンです。

2016年1月に膀胱がんのため亡くなられた竹田圭吾さん。

ニュース番組「とくダネ」のコメンテーターとして毎回出演されていましたので

皆さんの記憶に新しいと思います。


ついさっき、ニュースサイト眺めていたらこんな記事を見つけまして、

故竹田圭吾さん、家族へ手紙「ありがとう100万回言っても…」

涙があふれました。



本当に家族思いの優しい人だったんだな と、

今更竹田さんがいなくなったことに寂しくなってしまいました。


今回は竹田圭吾さんが急激に痩せた理由についてと、

同時に併発した骨肉腫について説明できたらな と思います。

Sponsored Links


竹田圭吾が痩せた理由は膀胱癌?


さて、まずは竹田圭吾さんの痩せる前と痩せた後を

写真で比較してみたいと思います。


がんにかかる前
がんにかかる前




がん中期
がん中期




がん末期
がん末期





比較すれば一目瞭然ですね。

痩せたのは、まさしくがんが原因なんだそうです。



がんの主な症状のうちの一つに

「痩せる」

という記述がしっかり明記されています。




本当に痛々しいですね。



写真一番下「がん末期」の写真の時、

もはやまともに歩くこともできずに、

スタッフから抱えられるように廊下まで出て、

車いすに乗っていたとのことです。




そんな状態でもしっかりと

コメンテーターとして

番組に出演されていました。


自分の仕事にプライドや使命感を持っていて、

本当にカッコいい人だな と思いました。




それでは次に、竹田さんのガン報道時、

膀胱がんと共に報道されていた

「骨肉腫」について説明したいと思います。

Sponsored Links


骨肉腫とは?


骨肉腫とは、骨や軟骨にできる悪性腫瘍のことを指します。

悪性腫瘍と言えば癌を思い浮かべますが、

同じようで違いがあります。


まず「癌」とは、胃や肺や腸などの内臓、

そして皮膚や粘膜といった上皮性細胞由来の悪性腫瘍。



そして「肉腫」というのは、骨や軟骨血管や筋肉といった

非上皮性細胞由来の結合組織細胞に発生する悪性腫瘍のこと。



上皮性細胞とか言われても難しいので

要はがんのできる部位によって

「癌」と「肉腫」に分けられると思ってください。




ということで、

「癌」と「肉腫」は同じ「がん」なのです。


「???」という感じだと思いますが、



ここで次の説明です。

「癌」と「がん」は医学的に別物なんです。


漢字の「癌」は、上で説明したように

上皮性細胞由来の悪性腫瘍のみを指し、



ひらがなの「がん」は、

「癌」と「肉腫」を含めた、

悪性腫瘍全般を指す言葉です。



なので、竹田圭吾さんのかかった

「骨肉腫」とは

「骨に転移したがん」ということです。




膀胱がんが原因で亡くなられたと報道されていましたが、

全身にがん細胞が転移していたんですね。



本当に、がんを退治できる日は

いつになったら来るのでしょうか。




竹田圭吾さんのような、

家族思いで使命感のある

素晴らしい方の命を

簡単に奪ってしまうがんが、

本当に憎たらしいです。




そんな身体中が蝕まれ、

痛みがひどい中で書かれたあの手紙。



本当に感動しましたし、

竹田圭吾さんのファンになりました。




これからは、上から家族をしっかり

見守っていくことでしょうね。



あらためて、ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Links