project-valley

こんにちは、アラジンです。


ただいまyahooニュースで、韓国のLGディスプレイが

スマートフォン向けの折りたたみ式ディスプレーを開発し、

これを2018年本格流通さるということが報じられました。


まるで以前のガラケーに戻る携帯電話の原点回帰ともいえる、このiphone。


発売日や値段、そしてカラーについて調査してみました。


それではどうぞ。

Sponsored Links


折りたたみ式iphoneの発売日はいつ?


151009samsung001

韓国のLGディスプレイが

スマートフォン向けの折りたたみ式ディスプレーを開発し、

これを2018年本格流通させ、

マイクロソフトやAppleに提供するということです。



既にAppleでは折り畳み式の特許を数多く取得してるため、

近い将来に折りたたみ式iphoneが登場するということです。



「今更ガラケーかよ・・・」



との声もすでに上がっていますが、

一体どういった商品になるのか。


LGディスプレイが開発した

スマートフォン向けの折りたたみ式ディスプレーは

液晶サイズが16インチとのこと。

iwatch-lg-display-supply-oled-1

写真のように、ぐにゃ~っと曲がる

柔らかい素材でできています。


この素材を使うことで、

iphoneの折りたたみが可能になるとのことです。



それでは気になる発売日ですが、



早ければ2018年の発売にこぎつけるとのこと。



現在すでに、折りたたみのiphoneの開発が行われていて、

順調に仕上がっているようです。



ただ問題点が、画面ごと折りたたむのか、

画面を2枚使って折り畳み式とするのかで

議論が行われているとのこと。




もしも画面ごと折りたたむとなると

故障しやすくなりそうで心配ですね。




「修理代ビジネス」と言われるAppleですから、

この点は消費者に優しくしてほしいところです。





では次に、値段やカラーについて。

Sponsored Links


折りたたみ式iphoneの値段やカラーは?


folding-phone

まずカラーについては、写真のように

「ホワイト」と「ブラック」は確定として

「ジェットブラック」「ゴールド」「シルバー」「ローズゴールド」

もほぼ確定でしょう。




どの色も均等に売れているようですからね。


その他の色についてはまだ情報が出ていません。





そしてスペックについては、

こちらはiphone7同様

32G~128Gの容量が用意される方向とのこと。




なので、価格も現行のiphone7に近い設定で

くると予想されます。




32Gなら72,800円前後

64Gなら83,800円前後

128Gなら94,800円前後



ということになるでしょうね。

まとめ



個人的に非常に興味がある商品です。



まさかiphoneの折りたたみが現実に発売されるとは。



ただ冒頭でも言いましたが、

僕は画面ごと折りたたみ式になるなら買いませんね。



100%故障しやすいことは目に見えています。


この課題をApple側がどう改善してくるかにも

よりますが、

どうせなら1面の画面ではなく2面で出してほしいなあと思います。



もともと僕はスマホよりガラケーの方が

好きだったので、

個人的に非常に楽しみです。



詳しい詳細は追って公開されるでしょうから、

当サイトでもすぐに速報させていただきます。

Sponsored Links