pic01

どうも、アラジンです。

今回は伝説のマグロ漁師と言われている熊谷義宣さんを紹介します。

通称”ヨシ”さんで通っている方で、現役マグロ漁師の中で1番の実力を持つと評価されている方です。


マグロ漁を以前からやってみたいと思っていまして、ヨシさんの名前は知っていました。

いったいどのくらいすごい方なのか興味がありましたので、ヨシさんについていろいろ調べてみました。



それではどうぞ!

Sponsored Links


ヨシ(熊谷義宣)さんの家族と子供について


さて、ヨシさんこと熊谷義宣さんにご家族はいるのでしょうか?

調査してみたのですが、情報を入手することができませんでした。


伝説のマグロ漁師と言われるヨシさんが

独身というのは考えにくいです。


マグロ漁師でトップ選手となれば

年収は数千万円


いつかの番組でとあるマグロ漁師が言った

調子いいと結婚したくなるのよ(笑)

という言葉が印象的だったのですが、

マグロ漁というは超実力主義の世界。


釣れる人は釣れるし、釣れない人は全くつれない世界。

当然釣れなければ収入がないので、

家族なんて持つことができません。


しかし熊谷義宣さんの場合、

少なくみても年収数千万円レベルでしょうから、

家族を持つのは当たり前と言えます。



そして基本的にマグロ漁師というのは

1代1人きりで始めることは非常にまれです。


熊谷義宣さんの父親の存在が全く知られていないところを見ると、

父親はマグロ漁師ではなかったと思われ、

独り身である可能性は低いでしょうね。


お子さんがいる場合、いずれマグロ漁師として

名前が出てくるかもしれません!

Sponsored Links


ヨシさんのマグロ漁師歴最高の大物は何キロ?


niageba

さて、個人的に一番気になるのがこれ。

ヨシさんのマグロ漁歴における、過去最高記録です。


調査した結果、なんとヨシさんの過去最高は

440kgとのことです!!


本マグロが400㎏を超えるためには

15年以上の歳月が必要で、

多くのマグロは15歳も生きることができません。


そして釣り上げるとなると、

10年に1本出るかどうか と言われています。


このヨシさんの440kgという記録は

平成に入ってから破られていないんですね。



本当にすごいです。



・・・平成では抜かれていませんが、

昭和時代にもっと大きい記録がありました(*_*)



それは、昭和61年に釣り上げられた483㎏です。

もはや訳が分かりません(笑)


そしてこの超大物を釣り上げたのは

佐藤元久さんという方。


大間では誰もが知っているマグロ漁師で、

もはや語り草になっている人なんですね。


なので、ヨシさんこと熊谷義宣さんは

現役漁師でナンバー1ということです。

まとめ


ヨシさんこと熊谷義宣さんを紹介しました。

本当にマグロ漁ってロマンありますよね。


一度やってみたくてしょうがないです。


そしてマグロ漁という超実力主義の世界で

ナンバー1でい続けるヨシさん。

メチャクチャかっこいいです。


ヨシさんのように400㎏越えの超大物とは言いませんが、

100㎏くらいでいいので、

将来1本くらいは釣ってみたいですね。



そして自分が釣ったマグロのセリを見守るのが僕の夢です!(爆)



マグロが食べたくなったので

今日の夕飯はマグロのお刺身にしようと思います!

それでは^^

Sponsored Links