kinomoto

どうも、アラジンです。

Jリーグを発足し、日本に定着させた日本サッカーの代表者である木之本興三(きのもと こうぞう)さんが、

うっ血性心不全のため、昨日15日に亡くなられました。

現在のサッカーブームを作った第一人者ということで、サッカー界に深い悲しみがもたらされています。

68歳という若い年齢でのご逝去ということで、本当に無念でなりません。

今回、木之本興三さんという人物について改めてお届けしたいと思います。

それではどうぞ。

Sponsored Links


木之本興三さんのプロフィール


本名:木之本興三(きのもと こうぞう)

誕生日: 1949年1月8日

出身:千葉県千葉市

高校:千葉県立千葉高校

大学:東京教育大学






現役時代は古河電気工業サッカー部に所属し、

引退後日本サッカーリーグ(JSL)事務局長、

総務主事を務め、Jリーグの創成のほとんどを

担っていました。


現在のJリーグがあるのは木之本興三さんのおかげ

と言っても過言ではなく、

今現在活躍している選手たちは

木之本興三さんがいたから

誕生したと言えます。


選手たちにとってはまさに

神のような存在であり、

感謝してもしきれないような人物なんですね。




そんな日本サッカー界の父が亡くなられ、

サッカー業界は悲しみに暮れています。


直近では、株式会社エス・シー・エスの

代表を努められていました。


木之本興三さんの出版作品


木之本興三さんは本を出版されているんです。

代表作はこちら

『日本サッカーに捧げた両足 真実のJリーグ創世記』


まさにご自身の人生を描いた自伝的なものです。


本当にサッカーに一生をささげた人生でした。


盟友の森健兒さんとともに作り上げたJリーグ。


森健兒さんも今回の報道は

本当に悲しいことだと思います。


言ってみれば人生を共有した

家族より大切な存在かもしれません。



二人が出会うことがなければ、

Jリーグは生まれることはなかったし、

日本の有名なプロサッカー選手も

生まれることはなかったでしょう。



「なんで自分より若いのに先に逝くんだ」



こんな森健兒さんの声が聞こえてきそうですね。


本当に残念です。

木之本興三さんの家族について


木之本興三さんには奥さんや子供はいらっしゃるのか。


調べましたところ、奥さんや子供に関する情報はありませんでした。

ただ、ご家族はいたとしても一般人である可能性が

高いため、情報がないからといって結婚していないとは

言えません。



ご家族についてはわかりしだい

こちらの記事に追記させていただきます。

Sponsored Links


まとめ


木之本興三さんの訃報をお伝えしました。

Jリーグの創始者ということで、

本当に人生において偉大なことを

成し遂げた人だと思います。


こんな人生、いいですよね。


僕も人生において一つ、

こういう伝説や偉業を残したいものです。



そしてJリーグの創始者が

意外にも若いことに驚きました。



もっと古くから日本にあると思っていたので、

創始者は100歳近いと思っていたので。



でもサッカーがブームになったのって

言われてみれば最近のことですよね。



野球よりも歴史が浅いのに、

今では同じくらいの人気があります。



現在のサッカーブームの創始者である

木之本興三さんには

本当に尊敬の念しかありません。



長い間、お疲れ様でした。


ごゆっくり休まれてほしいと思います。


そしてお世話になった選手や関係者の方には

しっかり木之本興三さんを送り出してほしいと思います。

Sponsored Links