7





こんばんわ~!

アラジンです。


16年9月3日、将棋界に将来の大スター確実視されている若手のプロが誕生しました!

その名も藤井聡太さん。


なんとなんと・・・わずか14歳2か月でのプロ入りです!!!


これがどれだけすごい事かというと・・・


現在の将棋界で生ける伝説となっているあの羽生善治3冠は、

15歳2か月でのプロ入りであり、

これからの世代を引っ張っていくと言われている渡辺明竜王は、

15歳11か月でのプロ入りでした。



そしてあの早指しの神と言われ、一時代を築いた谷川浩二9段は、

14歳8か月でのプロ入り。


そしてこれまでの最年少プロ入り記録は

ひふみんこと加藤一二三9段の14歳7か月 でした!




上記に上げたいずれもが、トップ棋士と言われ、

それぞれが最強の時代を築いています。



そこにきて今回の藤井聡太4段はなんと14歳2か月でのプロ入りで、

実に加藤一二三9段の記録から62年ぶりの記録更新となりました!



将棋ファンとしては今から期待せざるを得ませんよね!


そこで、そんな藤井総太4段についていろいろ調べてみました。


それではどうぞ!

Sponsored Links


藤井聡太4段のデビュー戦と戦績!



ここでもまさかの展開となりました。


なんとデビュー戦は竜王戦6組にて


ひふみんこと加藤一二三9段が相手となりました!


これまでの規定では竜王戦は4組で、

新4段(新人プロ)は出場できなかったのですが、

今年、規定の変更があり、竜王戦が6組に増え、

新人プロも参加できるようになったのです。


これにはもちろん将棋ファンも大喜び!


だって、新史上最年少記録の棋士と

旧最年少記録の棋士が、デビュー戦でぶつかるわけですからね。


将棋に限ったことではなく、多くの人が注目してしまう展開でしょう!


藤井聡太4段が、この竜王戦をもし制してしまったら・・・



日本中で藤井総太ブームが来ること間違いなしです☆



そんな、いろいろ”持ってる”藤井総太4段の3段リーグにおける戦績は、

13勝5敗という結果でした。


プロ(4段)になるにはこの3段リーグ

というものを勝ち抜き、

上位2名しか4段になることはできない

将棋界の最難関リーグ戦です。


ここで上位2名に入ることができないと、

永遠にプロになることはできません。


そして、26歳までに4段になることができない棋士には、

奨励会から「引退通告」が出されます。


将棋がどれだけ厳しい世界なのかがわかると思います。


その厳しいリーグ戦を、初参加で4段を勝ち取ったわけですから、

これは本当に大変なことになります。

しかも史上最年少・・・。



歴史に名を残す偉大な棋士になる気がプンプンしますね!

Sponsored Links


藤井聡太4段が天才と言われる所以は?



そんな天才との呼び声が高い藤井聡太4段ですが、

天才と言われる理由はなんなのか?


当然史上最年少での4段昇格を決めた時点で天才なわけですが、

どうやら彼のすごさは「詰将棋」にあるようです。



毎年行われている「詰将棋解答選手権チャンピオン戦」というものがあるのですが、

今年で14回目になります。

この大会には現役のプロ棋士はもちろん、

トップ棋士と言われる方々も参加する大会です。



2015年3月に行われた

「第12回詰将棋解答選手権チャンピオン戦」にて、

小学6年生の藤井聡太(当時2段)が、


なんと







優勝しました!!(*_*)



詰将棋とは将棋で勝つ為の必須トレーニングで、

詰将棋を制する者が将棋を制する 

と言われるほど大事なものです。




この詰将棋の大会で、

小学6年生の藤井聡太2段が

他のプロ棋士を抑えて優勝してしまったのです!



当時は大事件となっていましたね。



もはや、小学生のころからスター性の塊のような棋士なんです。


いやぁ、本当に楽しみで仕方ないです。




まとめ



デビュー戦になる竜王戦6組大会は

今年の12月より始まります。


対戦相手は加藤ひふみん(一二三)9段です。



僕個人的に、優勝の可能性も0ではないと思っています!


というか、優勝してほしい!


渡辺明竜王は、藤井聡太4段からすれば確かに絶望的な戦闘力です。



しかし、我々が衝撃の結果を望むのもまた人間の習性。



今の勢いなら本当に優勝してしまうのではないか・・・


そんな気にさせてくれる藤井聡太4段のデビュー戦!


大注目です!!!!

Sponsored Links