こんにちわ~!

アラジンです。


韓国の朴槿恵(パク クネ)大統領がついに退陣をするというニュースから少し経ち、

次期大統領候補について調べてみました!


それではどうぞ!

Sponsored Links


李在明(イ・ジェミョン)が次期大統領?



20161125-00010006-storyfulp-003-2-view

次期大統領候補として現在最有力と言われているのが

李在明(イ・ジェミョン)という方です。


なんとこの方、

「韓国版ドナルドトランプ」

と言われているんですね。


やはりトランプ旋風は世界中で影響しているようです。

この方が韓国版トランプと言われる所以は、

「朴槿恵(パククネ)は日本のスパイである!」

「北朝鮮とは無条件会談を強制実施する」


といった過激な意見を発信しているというところ。


李在明(イ・ジェミョン)さんは25歳で弁護士となり、

2010年に城南市長に当選。

そして城南市の借金を完済するなどの功績をあげ、

福祉にも力を入れるなど同市で高い支持率を誇っています。


やはりトップの資質のある方のキーワードは

「理にかなった過激な発言と行動力」

なんだなぁと思います。


当たり障りのない意見や、

普段何をしているのかわからないような行動力では、

民の支持を得ることはできません。


「フィリピンのトランプ」と言われる

ドゥテルテ大統領も、

webw160629-duterte-thumb-720xauto

過激な発言や、高い行動力が評価され、

やはり国民からの高い支持を得ています。



現在の混とんとする世の中、

このようなトランプ的な資質が求められているのかも

しれませんね。



アメリカ大統領選挙で

トランプが当選した際、

様々なマイナス意見が飛び交いましたが、

僕はトランプに好感を持っていましたので、

嬉しかったです。



やはり卓越した行動力がある人がトップになると、

少なからず現実が変わると思うからです。


毒にも薬にもならない人がトップになるより、

“毒になるか薬になるか”という人がトップになったほうがいいと思います。


なので、韓国においてもそれは同じで、

李在明(イ・ジェミョン)さんに対する期待も多いくなっているわけですね。

Sponsored Links


李在明(イ・ジェミョン)当選で日本への影響は?



さて、李在明(イ・ジェミョン)さんが大統領になった場合の

日本への影響について考察してみたいと思います。


「朴槿恵(パククネ)は日本のスパイだ!」

という発言から、少なくとも日本に対して

いい印象は持っておられないものと思います。



李在明(イ・ジェミョン)さん自身は、

まだ次期大統領選挙への出馬を表明しておらず、

具体的な政策などは提示されていません。


よって本記事では憶測になってしまうのですが、

日本に対していい印象は持っていない可能性が高いとはいえ、

李在明(イ・ジェミョン)さんの標的は間違いなく北朝鮮です。


これまで韓国と北朝鮮の戦いは長年に渡って続いており、

韓国国民がリーダーに期待する資質は、

「北朝鮮との問題を解決できる人」


というのが第一にあります。



それだけ、国レベルでの戦いなわけです。



今回韓国国民から支持を得ている

李在明(イ・ジェミョン)さんも、

もし大統領になれば、

まず北朝鮮との関係を解決することに

全力を挙げることが予測されます。



ですので、日本への影響という観点では、

今は全くの不透明 という段階ですね。


まとめ



「○○版トランプ」


言われている本人はどう思っているかわかりませんが、

それだけドナルドトランプの影響が強いと同時に、

アメリカの影響力の強さを感じます。


そして近年まれにみるキャラクターが

アメリカの大統領となり

物議をかもしていることから、

やはりリーダーというものは

こういう人物がやるべきだと思います。



国が良くなるか悪くなるかは結果論。


まずは国民が政治に対して強い関心を寄せることから、

「良い国作り」

が可能になるのではと思っています。



韓国大統領選挙から目が離せませんね!


それでは!

Sponsored Links